理事長所信
Belief
進取果敢

はじめに
希望に満ちた明るい豊かな川西市・猪名川町の実現を目指し、まちづくりの担い手としての強い責任感のもとに結集された先輩諸兄の力によって、一般社団法人川西青年会議所は1968年に誕生し、昨年創立50周年を迎えました。現代を生きる私たちは、これまで半世紀もの長きに渡って受け継がれてきた伝統を尊重するとともに、歴史を継承する者としての使命を自覚しなければなりません。さらに、この創立50周年という記念すべき年に、私たちは公益社団法人日本青年会議所近畿地区兵庫ブロック協議会の第50回ブロック大会川西大会の主管を担う機会をいただきました。皆様からの多大なるご協力をいただき、第50回ブロック大会川西大会を盛大に開催することが出来た経験は、これからもまちづくりの担い手となるべき私たちが、これから訪れるどのような試練でも乗り越えられるという強い自信となり、川西青年会議所がこれから大きく飛躍することのできる、何物にも代え難い宝であったと考えます。この経験を組織にとっての大きな財産として、私たちはこれからも青年会議所運動を継続し、新たな未来を切り拓いて行く責務があります。
「青年会議所にとっての運動とは何か」と自らに問いかけた時、それは“社会開発と指導力開発”であるという、ひとつの明確な答えを導き出すことができます。なぜなら私たち青年会議所会員は、地域社会の一員として住民と共通の生活基盤に立ったものの考え方、ものごとの捉え方を基本とし、住民の共感を求め、いまよりも住み暮らしやすい明るい豊かなまちづくりを実現するため幾多の努力を重ねるとともに、青年会議所の日常活動の場を通じて、私たち会員個々人が指導者としての能力をより良く開発することが必要であると考えるためです。
そして私たちが青年会議所運動を通して真に明るい豊かなまちづくりを実現するためには、ものごとを大局的な見地から捉えながらも、小さなことから実践する姿勢がなによりも大切です。“一燈照隅”これは「一つの灯火は小さな一隅しか照らせないが、それに共鳴した人たちが現れ、その灯火が十、百、千、万となれば国中をも明るく照らすことができる」という意味を表す言葉です。国においても地方においても、政治・経済等、様々な分野において先行きが不透明な現代だからこそ、まちづくりの担い手である私たちは、青年会議所運動を通じて培った会員個々人の能力を存分に発揮し、一途に真心を尽くして己のまわりを明るく照らし、組織の力でその灯りを地域全体に広げて、地域住民を輝く未来へと導いてまいります。
社会開発について
私たちは様々な人との関わり合いの中で生かし生かされています。私たちが真に自分自身の幸せを願うとき、自らを取り巻く環境に関心を向けなければ、個人の幸せが満たされることはありません。この点にこそ、青年会議所が組織され運動を続けていく意義と目的があり、明るい豊かな社会の実現を目指して集まった私たち青年会議所会員ひとりひとりが地域社会の一員であることを自覚し、自分のまちは自分たち自身が参加し、参画して創るのだという自覚をもって行動することが必要だと考えます。私たちの求める社会開発とは、ひとつひとつの問題について解決の方策を示し、将来へ向かっての新しい可能性を創り出して行く運動でなければなりません。そしてそのような運動自体に、地域住民を巻き込んでいくことが求められています。私たちが誇る行動力と若さをもって住民のニーズを的確に捉え、川西市・猪名川町の活性化に資する社会開発を実現してまいります。
また、これから確実に訪れる人口減少社会に対応するためには、まちが有する魅力を最大限発掘し、それを効果的に発信し、住んでみたい・訪れてみたいと思えるまちづくりを進める必要があります。北摂を流れる猪名川流域の川西市・猪名川町は川の恵みを受けて古くから栄え、古の浪漫あふれる自然豊かなまちとして発展を遂げました。私たちのまちが有する他市町に誇る独自性を更に引き出すことを通じて、とりわけ交流人口を増加させ、持続可能なまちづくりを実現してまいります。
青少年育成について
少子化・核家族化が進行する現代社会では、こども達が家庭や地域での多様な関わり合いの中で、友情や葛藤、対立および忍耐を経験する機会が減少しています。このような感情の経験不足は、対人関係における脆弱さや社会性の未熟さをもたらし、豊かな人間性を育みにくくさせていることが指摘されています。本来、こどもは豊かな創造力や行動力、そして無限の可能性を備えており、それぞれの成長段階で成功と失敗を繰り返しながら生きる力を身に付けていくものです。私たちはこどもを弱い存在と考えて守り慈しむだけではなく、私たちの世代が実現できなかった夢を実現できる存在として、敬意を払い、その逞しさを信じることが大切です。こども達が持つ資質や能力を最大限発揮できるよう、豊かな人間性を育み、将来の夢を描くことが出来る運動を展開してまいります。
また、川西市・猪名川町が持続可能な発展を遂げるためには、次代の担い手となるこども達が、地域が有する有形無形の資源に触れ、その価値にこども達自身が誇りを持てる心の醸成が必要です。これらの運動を通じて、未来の川西市・猪名川町の先導者となるこども達の心身を育成してまいります。
会員拡大・指導力開発について
地域経済の中核となる生産年齢人口の減少が全国的な課題となっている昨今、私たちの活動基盤である川西市・猪名川町においても、その数が減少することに伴って地域の活力が低下することが予想されます。これから少子高齢化や人口減少が進んだとしても地域の活力を維持・向上させるためには、指導力を兼ね備えた地域を牽引する多数のリーダーの存在が必要不可欠です。だからこそ、私たちは本気の覚悟を持ってまちづくりを考え、多様な価値観を有する同志を広く求めます。
会員拡大を実効あるものとするためには、会員ひとりひとりが会員拡大の意義・目的・必要性を意識し続けるとともに、青年会議所の魅力を再認識し、「何のために、誰のために青年会議所運動を行っているのか」ということを自覚することが大切です。川西市・猪名川町に多数存在する、地域社会や地域経済のリーダーとなる同志に対して、様々な機会を通じて青年会議所が持つ無限の可能性や私たちの情熱を伝え尽くすことによって共感を得、志高き仲間を迎え入れることが出来ると考えます。
また青年会議所運動は、より良い明日に挑戦することを目的としています。今日のような先行きが見通しにくい時代だからこそ、どのような激動の変化にも対応できる、正しい考え方を身に付けた個の確立が必要です。感性豊かな時代認識の眼と心を養い、見識を持ち、先見性を磨かなければ、地域住民を明るい豊かな社会へ導くことができません。理論とともに人間的魅力を兼ね備えた指導力開発を通して、常に素直さと思いやりを持った真のリーダーを育成してまいります。そして、会員数の増加と指導力の向上に伴って組織基盤が強固なものとなった私たちの運動は幅が広がり、深みを増し、明るい豊かな社会の実現に更に一歩近づくこととなります。
組織について
先輩諸兄が築いてこられた伝統と歴史を基盤として、地域を輝く未来へと導くために運動を展開していくことを通じて、組織としての存在価値を高める努力を怠ってはなりません。そのため折に触れて青年会議所の運動と活動を地域社会へ発信し、地域に根差した組織運営を行うことが必要であると考えます。
また私たちは様々な社会的・地域的課題を解決するために青年会議所運動を展開していますが、その効果を最大化するためには川西青年会議所を構成する全会員の力を結集させることが不可欠です。そのため、組織内での課題共有を徹底し、必要な情報を迅速かつ的確に伝達できるよう、役割分担を明確にすることで組織を機能的に運営してまいります。
さらに、私たちは最も身近な存在である家族の支えのおかげで、ひたむきに地域のために運動を続けることができます。その家族に対する感謝と心配りを決して疎かにせず、地域のリーダーであると同時に家族のリーダーとしての資質を十分に備えた会員による、慈愛に満ちた組織風土を醸成いたします。その結果、地域にとって真に必要とされる組織として昇華を遂げてまいります。
むすびに
「人生、出会うべき人には必ず出会う。しかも一瞬遅からず、早からず。しかし内に求める心なくば、眼前にその人ありといえども縁は生じず。」決して偶然ではない同志との出会いに心からの感謝を捧げます。この出会いを意義深いものとするため、常に素直さと思いやりの心をもって切磋琢磨し、いまよりも明るい豊かな川西市と猪名川町を創るという大志を果たしてまいります。
かすかなりとも一隅を照らそう。一人一燈となれば万人万燈となる。そうすれば世の中はたちまち明るくなる。ひとりひとりが個性を存分に発揮して、輝く未来へと導く灯火となれ。
【事業方針】
1、地域住民主体のまちづくり
2、活力あふれる持続可能なまちづくり
3、青少年の豊かな感性を育む環境づくり
4、組織基盤を強化するための会員拡大
5、地域に必要とされ続ける団体たる組織運営
一般社団法人 川西青年会議所 / 〒666-0011 川西市出在家町1番8号 川西市商工会館内 TEL.072-759-6959 FAX.072-759-0920